« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

イノシシ日刊新聞

Pict0010 縁結び?神様の結婚式を延々500年(たぶん)あまりするお宮さんなのだから、きっと縁結びも重要な神力なのだろう。

縁有っていろいろお世話をさせて頂いたので、参拝客?が一人でも増え、ますますのお宮さんの繁栄を願い、ここに少しばかり・・宮司にはひとっことも断らず(笑)コマーシャルを・・

歴史は1400なんじゃら・・と刻まれています。境内にある楠の巨木は500ん~十年の刻を悠々と静かに、又あるときは人間の愚かさを笑うことも有ったでしょうと、さすがのイノ編もこのお宮のご神木の前では恐縮しっぱなしでした。人間もイノ編もゴミばあちっぽけです。

市内から少し離れた(市役所から5分もかからん)四万十川沿いに有ります。時間の許す読者は足を運んでみてください。トイレも抜群です。ハイ。これを書きたかった。

ここから旨いうどんをたま(冗)に食わす『ほうばい』までは車で約20分。ここは入野松原のはずれ?らっきょ畑の真ん中でやっております。オーナーのマナブはこだわりの手打ちで、額に汗して、悪いことをしたときは背中に汗して、母ちゃんににらまれながら、饂飩うってます。絶品だよ。釜揚げが大好物のイノ編です。夏は生醤油だな。ん。シールのスキャナーが根性曲がっているが、ご容赦。饂飩も曲がってるし・・。

もともと毒舌誹謗中傷こき下ろしのイノシシ新聞ですが、神様の前では一応、まじめにがんばっております。

肘の故障でバイク休止中なので、基本的記事が書けない(泪)バイク復活を夢見るイノ編でした。Img_0001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

イノシシ丸焼き?

Pict0002_2

軽トラの荷台ででかい顔して頓挫してんのは、ピノ君の愛車です。左のビニール袋に入ってるのはエコ燃料のブリケット君。

右側の紙袋?は針葉樹のマキマキです。葉巻じゃあないよ。主に桧の薪だよ~ん。両方とも良く燃える。真ん中のバイクはシリンダーの中はあつく、熱く情熱的に燃えてますが、またがって操る御仁は、ネガティブライディングで冷静とはとてもいえず。このまま焼いてもいいくらいだな。

普通この時期、軽トラの荷台は、テッポで撃たれた俺の分身が横たわってるのがセオリーだが今回は槍やテッポじゃびくともしない、エコ燃料と、ハイオク無駄遣い最優先のモースポーツでも燃料消費の少ない部類のトライアルバイク。ま~作ってる会社も元気無いんでしゃ~ね~が・・・。

地球的規模の不景気でモータースポーツ縮小・撤退の利益最優先主義の我が国の車やバイクのメーカー様、根性がねえぞ。もっと夢のある企業かと思ってたが、例に漏れずこればあのメーカーかい?創業者がどう思ってるのか・・トホホッ

ま~いろいろ事情が有るんでしょうが・・国内の有能な人材を使わず、賃金の安い外国で、はぶり良く会社経営を続けてきたツケでしょう・・・。電気や車屋さんは・・・日本は車余って困ってるんじゃないのかな?解体屋には俺の愛車よりもぼろいのは事故車くらいで、中古車屋さんへは売るばあ?車があまってます(笑)なけりゃあ売るモンが無いな~。電気屋でもどこでも物があふれている・・。考え直せメーカー様。それと不要な物買いすぎの私たち・・。

アソ~さん、コ~キョ~コ~ジ出してよコ~キョ~100兆円ば~

    100兆円ば~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

イノシシ新聞ムズムズ

Pict0045_3 新年のオートランド杯はいろいろ所用が有りまして不参加のチーム四万十でしたが(一部の部員は参加出来た・・)見捨てず今後も案内をしちゃってくりや。

写真は・・臓物?ホルモン分離セット軽量作戦の最中のチーム四万十新人の柑橘選手です。下肥まき散らした農場で作る柑橘は甘み最高で、飛ぶように売れているみたいです。ちなみに下肥は全くのデマで、しっかりした肥料やさんで、国の補助が有るとか無いとか悩みながら、ホイホイと施肥してます。かなりのお金をかけて、こだわりの柑橘を制作販売中。あそ~君、もっと百姓と林業漁業及びドカチンに銭ださんかい。銭。

写真のワークスはピノキオ木工所の年末ワークス?あれ?たしか年末の30日頃だったと記憶。重戦車オリジナル(きっと彼もどっかのコピーかな?ゼロから考えるのはすこぶる偉いと思う)の軽量パーツをさらに改良?改悪し、重量化に成功。飛んでも、こけても壊れない臓物移動パーツを7075?ジュラルミンで秘密制作。最新版毒舌サカイのパーツはさらに改良型なので・・臓物はCTもMRIにも反応しません。

ちっとはスマートになった。ノーポイントブラザース次男(なんでイノ編が3男?)のマシン。開幕戦イノ編は肘の故障で不参加表明?ガメ松のサポートと言い訳を作っているが、遠く徳島まで行くかどうかは検討中である。

右腕及び右肘は花畑の世話に移植コテもっても痛むので、大事をとりたい・・花畑つ~ても、パンジーとネギ・ニンニクしか植わって無いけど・・・

次回は選手権報告かな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

いいんです。

立派なトイレが四万十川沿いの由緒あるお宮に完成しました。四万十市某場所のお宮さん。川の中で御神輿を清めて、神様の結婚式を毎年行うという、忙しいお宮ですが・・是非皆様、家内安全・学業・・交通安全・・縁結び・・等々・・お参りにいらっしゃいませ。御利益ザックザク。Pict0005

それと、もう喰ってしまったが、イノ編実家での毎年末の恒例行事、イノシシこんにゃく。4~5年物のこんにゃく芋を使い、完全自家製手作り(足で制作は難しい・・)石臼でえっちらおっちら。ソフトボール小のこんにゃくを15個ばあ作るのに、ゆであがった芋を一時間も石臼でつきます。段Pict0018 取りも火加減も悪いのか、40個Pict0014ばあ作るのにたっぷり昼までかかります。 

あ~いまだこんにゃく作りの後遺症で肩がいたいです。

簡単レシピ。

まず、芋を畑から掘り出し洗います。皮を適当に剥ぎ、1.5㎝厚ばあにスライスしお釜で煮ます。煮えたら石臼に入れてぐっちゃぐちゃになるまでつきます。適当なところで湯がいてたお湯を入れて、またひたすらつきます。お湯入れる行程を2~3回。たいがいで嫌になるんでここで秘伝のアクをちびちび入れて、また、ひたすらつきまくります。この行程を4~5回。アクは秘伝ですが、ある植物の灰を濾した物です。これで量が増えます。粘り具合などいい感じになったら、おててで丸めます。このとき中のエアーを出しながら丸めます。これをお湯で湯がいて(煮る)できあがりです。あ~ことうた。できあがりのお刺身ポン酢で・・旨い。あ~旨い。誤字許せ。レシピはだいたいです。うん(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

うううっ寒いよ~

Pict0005 誰や(* ̄ー ̄*)この寒いのに・・ワシを起こすなんて・・風邪引いたらどうするねん?タミフルないんで、自然界には・・。ピノじゃ無いんだから・・

やどもりさんです。しかしワタクシの生息地は民家の床下では有りません。人里離れた山奥です。人間なんて久々に会いました。普段は鹿かイノシシしか見ません。ましてや、イノ編見るのも会ったのも今回が初めて。

カメラの前でポーズしたのも初めて。人生??カエル生50年ばあかな?カエルには年齢数える能力が無いわけではないが、私はこの山の主。カエルって50年も生きるの?知ってる方はコメントください。バイクにも木材にも直接はカンケ~無いけど・・寿命しりたい。

四万十市から大正方面へ約一時間の、天狗様が出そうな山奥の、林道から車おりて、トホホッと、山の中歩いて、もちろん徒歩です。一時間あまり・・徒歩徒歩。偶然遭遇したイノ編様に生まれて初めての記念撮影。丑年ですが、ウシガエルでは無いでしょう。皆様イノ編ブロク今後もよろしく。やどもりカエル様とともに・・Pict0003_2 ・。 Pict0013_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

チーム四万十集合

新年明けましておめでとうでございます。

暇なオヤジ達は2日3日4日と、バイク三昧??疲れもピークです。暇ではないオヤジはそれなりに仕事や家族サービスをしてそれなりに人生を謳歌?

細々とやってきたチームも最近は吸収合併かなにかわからんけど、上手いのやら下手なのやらぎょうさん集まってきて、本日は合同練習。

イノ編はセクション打つのと、撮影とでわずかばかりは練習しましたが、ジャージは3日間着続けても汗くさくも無い。ピノ選手のは加齢臭発生の生ゴミ状態で、近寄る人はいない。毎夜自分でネットに入れて、裏返して優しくお洗濯してるらしい。当然奥様はやってくれないし、他の物との混洗は皆無。

悪ガキにおもちゃを与えた状態で、はね回って喜ぶIAサ★イを横目に、昨年ノーポイントブラザースはため息の連続。イノ編、ピノ、柑橘と、おいしいおもちゃを目の前でぶら下げてここ数年彼の前で、いらばかした結果である。あいかわらず上手な1015選手もキレのあるライディングでポイントランカーの走り。高南大地の生姜ライダーも数少なくなった煙吐くマシンで意地を見せる走り。

四万十もメンバー増えて楽しく今年もがんばりますので、四国、全国の皆様御贔屓によろしゅ~♪

004_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »