« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

ローカボーシ

Cimg0002昨年欲バスに種子を採ってたゴーヤ。今年もそれなりに実ったので、チャンプルもあいたし、ゴーヤ茶の製造。種も何も良いと聞いたので、丸ごとスライスして、100年物のエビラを使って天日干し。三日間干して先ほど煎った。それをまたまたティーパックへ入れ、20回分くらいできた。焦がさないように混ぜながらの作業。エアコンは効いてるが火を使うとやはり暑い。Cimg0004


日曜日は最近見回りしてない田んぼの見回りに、赤カブで巡回。実家までの道は0.8車線。お~い知事さんよ何とかしちくりや。せもうてこたわんで。舗装もほとんどつぎはぎ。俺の税金はどこで使ってんのか??まあしかし山道が似合うカブである。走るのには文句無いがややモアパワー。

ローギアにしてもモンテッサの足元にも及ばないトルク。トライアルバイクはやはり特殊なマシンであるのを実感。しかしこの赤いのをつつきまわす気力は無いので、しばらくは乗りなれよう・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

うなぎの日

Photo昨日は土用の丑。先輩のこくやでうなぎパアチイ??その昔吉本興業へいたという経歴の持ち主。することもかなりユニークで、うなぎで一杯やるとのことで、昨日は箱入高級焼酎を手土産に・・なんと30~50匹はおった。12~3人での酒盛り。肴は鰻のみ。

かなりむつ濃いので、3匹ほど食ってからは骨のみを馳走にナル。20リットルの生はあっという間に・さらに10リットルの缶ビールも、から缶が散乱状態。焼酎もぽんぽん空き、堪能した。

あまりの惨状に写真も撮れず・・後悔してる。まあ、俺の背中には鰻をさばく先輩の尻。まな板の隅には胴からはずされて口をパクパクされている鰻様のヘッド。んで、写真が無かったので先日の一人農業時のマムシ3分割をアップしよう。こっちのほうが精が着きそうだが・・・こいつはでかかった。だいたいマムシはそう長くないが、こいつは70センチ近かった。胴回りもそれなりに・・

トライアル休止期間中の12年間のうち数年はマラソンに目覚め、4回走った四万十川ウルトラマラソンでは皮を剥いで、干してあったマムシをガスで炙ってエネルギーにした。ドリンクもあるし、焼酎付けもあるし、絶対に土用の蛇の日にはマムシを食しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

その昔・・

004なんかショーエイさんには申し訳なかったがボロヘルをマッキッキに塗って、ポスターカラーで・・恥ずかしげも無くこの黄色いので数回選手権に出た。自分では傑作だと思ってたんだが、回りからは失笑しか得なかった。センスの無い野郎ばっかりだなトライアルしてる俺の周りのやつらは・・

まあ家族の中でもほめ言葉はゼロ。トライでいうと、5点だな。つうことは俺の精神構造の問題でもある。悩んでるうちは正常で、正常と思い込んだら異状だろうから、正常だろう。

今日は・・たぶんだが、板野ナンバーのハンターカブ見ました。背中に南無・・だったからお遍路さんだな。黒潮町の夕方をゆっくり流して中村へ入っていった。俺よりは先輩に見えた横顔は、やはりスキモノだろう。と、尊敬して追い抜いたね。

ct110、数回通勤に使ってるが、マフラーの熱が割りと上等・・。シフトストロークがとんでもなく長い。フロント、リアともにサスはサイテー。かな?mate90がもっといけた。ショックはチャリよりはましレベル。ま~もうしばらくノーマルで感性磨いてみよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

コマーシャル

Cimg0007


別段日産のコマではないが、中村は寛大な地域?先日の日曜日バイクの練習に行ってる途中で、プレートの無い車が堂々と走っていた。まあピノなんかは平野(練習場)で平気でモンテッサ公道で泥落としのためか走ることがあるが・・まあテストドライブナンバーの下にはホンマもんが付いてるとは思うが・・ Cimg0004この前赤カブのタンクの下へマスターズでもらってたステッカーを控えめに・・四万十市で定期購入者は俺だけかな~~~今夕は帰りにガス入れてみた。300円少々で満タンになった。3リットル未満。経済的だな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

004あ~こりゃ四万十市の太平寺の鐘じゃな。母方の実家の葬祭関係はここのボンさんが来てくれる。つうか、先日はお迎えに行ってきました。中村駅から徒歩10分弱の場所にある。少し小高いところ。津波が来てもここまではこないかも???

ついてみようかと思ったが、とんでもない時間に鐘の音がなったら、近所迷惑?かもと遠慮した。

やっと梅雨が明けて?明日からは猛暑のシーズンがくるかな??農業は明日は用事が無いからまたまた平野で、ピノキオやia崩れの犬や一発もの大得意のガメ、丸儲け柑橘選手にいじめられる・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

りょーし?

Pict0037_2

少し前の絵ですが、最近読者の前に姿を見せないガメです。しっかり防寒服だから季節は夏ではないことがわかる。別に腹たってるわけではないが、ピノキオの鼻の次に長いくちばしをひんづかまえて、文句を言わせない。ヤガラ?だったと思うが、煮付けたら旨かった。

イとセを前後に引っ付けると、イ・ヤガラ・セ??くちばしつかむなよ・・といってるかも。

一発モノは最近非常にうまくなったが、連続技はいまいち。が、竿あしらいはかなりのもの。ルアーを自由自在・・・・こればあバイク乗ったらざんじグリーンゼッケンだが、なぜかそれ以上にはならない。

最近2人目ができた。待望のチンチン付地球生物らしい・・。英才教育?本人英才じゃないから・・むりか???パパがんばって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

スリムです

Cimg0005ほんとにぴかりんだったが、今は某バイク屋に疎開。勘のいい奥様に気づかれないように、格納。ほとぼりが冷めたら出もとり予定。乗って楽しいのは今のところ赤いカブ。信号待ちで右足が熱い。マフラーの形状のせいだなありゃあ・・

今夜も先ほどまで箱バンのストライプはがし。晩酌喰らってやるもんだから、当然傷もつれ。拙者の家の隣は車の解体や。なぜか呼ばれてるみたい・・いえいえ我が家のヤンマーハイエースはボロンボロンになったら、カンボジアへ送ろう。100万キロまでは酷使してくれるだろう・・。


Cimg0002



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

廃車・・

Cimg0002ちったあ更新せんといけまへん。と、厳しい読者様から叱咤激励??練習日記もシャッター押す気力も無いほど暑いし、そればあながしゅうに練習場にもおらんし・・・先ほどまでトランポのストライプをむしっておりました。柑橘の25万円?ちゃう、25万キロオーバアのより俺のが汚い。ストライプを厳寒時にハイウォッシャーで飛ばすと、まだらにナル。写真ではよ~にわからんろ~けんど、このストライプはかなり汚い。んで、Cimg0004


磨けば。

醜い。

ミラクル。

の三M拍子ではないが、3Mのストライプはがしが活躍。近所のペンキ屋で購入。1800円そこそこ。Cimg0001


で、それなりに剥げた。ある程度晩酌をかっくろうて作業するんで、それなりに傷もつれだが、拙者の性格ではノープロ。しかし缶の説明書きほどはうまくいかない。のりが結構残る。残ったのりはガソリンでの処理が・・いいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

レットロ

Cimg0004二日ほど通勤快速に使用。ガスはハイオクを満タンにした。燃費には全く期待もしないし、それに答えてもくれそうに無いバイクだから燃費は気にしないし・・・・古いバイク?はギアチェンジのストロークが永遠に遠い。何万光年にも感じる。

普段下手でもあるがそれなりにレーサー?真似事のモンテッサに乗ってるもんで・・彼はまあ無駄が全くと無いといっていいと思うくらいに余分なものはついてない。それに比べて子供向けのマジンガーゼット仕様のチャリンコみたいな装飾?がゴテゴテと・・・普通の感じでは無駄でもなく、装飾品でもないんだろうが、普段鶏がらみたいなバイクでコケまわってるもんで、異常なサアビス精神の整ったバイクは・・・重い。

明日は平野でトレイニング・・・しようかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

本職??

Cimg0017本職は詐欺師。廃材を加工してラッピングして、高額商品を作る。ま~廃材はジョークだがこの厚さのヒノキは普通は無い。時給を計算するとだまされてるのは自分たち。コ~んなプライスで売るなんて、ガソリン代も無いかも・・。と、いつも文句100倍。勇気はゼロ。加工のマシンがあればこその隙間趣味時間。

Cimg0005


ピノの頭も固いが」、、硬いのは仕方ないか木工製品だ。

硬いのはこのタイヤ。97年?だったら15年前。ヨクバスな性格丸出しで、山があればまだまだ・・と、使いたい。トライアルならばこんなことはまず無いが、イーハトーブより快適に走るから、コーナーですっころばん様に、き~つけて走ろう。Cimg0009


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »